ストレートパーマと縮毛矯正の違い

Question


くせ毛がひどくて10年以上、縮毛矯正をかけています。ストレートパーマって言う美容師さんと縮毛矯正って言う美容師さんがいます。結局、行程も仕上がりもいつもと同じサラサラでまっすぐなんですが、言い方が違うので何かが違うのかな?と少し気になっています。


 

 

Answer


ストレートパーマ=自然に仕上がるが持ちが悪い
縮毛矯正=まっすぐで半永久的に持つ
美容室や美容師によって言い方が違います。最近ですと縮毛矯正の事をストレートパーマという美容師さんも多いです。


ストレートパーマはその名の通り髪をまっすぐにするパーマで主にパーマを落としたりするのに使われていて、くせ毛をまっすぐにする事はほぼできないくらい弱いパーマです。
一方、縮毛矯正はくせ毛をまっすぐに矯正する強いパーマです。

仕上がりも大きく違うのですが、行程も違います。ストレートパーマはパーマ剤を2回つけて終了なのですが、縮毛矯正はパーマ剤を2回とアイロンでまっすぐに熱でまっすぐに矯正する施術が加わります。
行程は縮毛矯正と同じでもストレートパーマと言う美容師もいます。これは縮毛矯正だと強いパーマで凄くまっすぐで不自然になるイメージがある為です。

 

 

Profile


杉野 弘

キャリア10年以上のベテランスタイリスト。

ヘアスタイルに関する事なら何でもご相談させていただきます。

些細なお悩みでもお気軽にお問い合わせください。